老後に向けて、腸内細菌を活性化

腸内細菌を役割とは?

腸は第二の脳とも呼ばれているほど、体の健康や気持ちに影響する重要な役割があります。

腸内に存在している細菌は、体の中にあるドーパミンの50%
セロトニンに至っては90%を生成していると言われています。

ドーパミンは気持ちを高揚させる物質でやる気などをアップさせます。
セロトニンが分泌されると心が落ち着いて、幸福感につながる物質と言われています。

腸内細菌が学習能力や記憶力にも関係している?

腸内に生息するある細菌をネズミに与えたところ、ストレスのレベルが低下し、学習能力と記憶力が向上したそうです。

自閉症の子どもに対して腸内環境の改善による治療が試みられています。

腸内にどれだけ菌がいるのか?

人の腸の中にはおよそ1,000種類以上、100兆個以上の細菌が棲みついていると言われます。

これらの細菌は、種類ごとにグループを作っていて、顕微鏡で腸の中をのぞくとお花畑(フローラ)のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

この腸内フローラにいる菌が正常な状態に保つことで、おなかの調子も良くなり、生活習慣病、更に免疫といった全身の健康に大きな役割を果たすことが明らかになってきました。

菌の主な種類

善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌、酪農生産菌)

健康維持や老化防止に欠かせない、体にとっていい菌!

善玉菌の主な作用

  • ビタミンの合成
  • 消化吸収の補助
  • 感染防御
  • 免疫刺激

悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌※有毒株)

悪玉菌の主な作用

  • 腸内腐敗
  • 細菌毒素の生産
  • 発がん物質の生産
  • ガスの発生

日和菌(バクテロイデス、連鎖球菌、大腸菌※無毒株)

健康な時はおとなしくしているが、体が弱っていると悪い働きをする菌。日和菌が悪さをしないためには、しっかりと善玉菌の割合を増やすことが大切になります。

腸内細菌のバランスが大事

腸内フローラの理想的なバランスは、善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%です。善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えます。

なので健康のために善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスを整えること意識することが大事です。

善玉菌を増やすための腸活習慣

  • 1.善玉菌を多く含む食材を摂る
    善玉菌を増やすためには、乳酸菌・ビフィズス菌を含む食品を摂取しましょう。ヨーグルトやチーズ、納豆・ぬか漬け・キムチなどの発酵食品がおススメです。
  • 2.善玉菌のエサとなる食物繊維を摂る
    食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌のエサとなって、善玉菌の増殖を促します。穀物・イモ類・海藻類・きのこ類などに含まれる食物繊維、大豆・バナナ・ゴボウなどに含まれるオリゴ糖を積極的に摂りましょう。
  • サプリメントなどで、善玉菌を活性化させる
    90種類以上の栄養素を持つ「奇跡の木モリンガ」をメイン原料にクロレラ、乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維を配合した毎日飲みたくなる青汁です。

オススメのサプメント「モリンガ青汁」の特徴

【煌めきモリンガ青汁】で内側からスッキリきれいに
  • 1包あたり3種1000億個の乳酸菌と10億個のビフィズス菌を配合
  • 水溶性食物繊維のイヌリン、4種類のオリゴ糖を使用
  • 沖縄県産の農薬・化学肥料不使用の「手摘みモリンガ葉」使用
  • 沖縄県石垣島で作られたヤエヤマクロレラを使用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。